必要は発明の母

運営部コラム

 

 

 

こんにちは。

文京区春日、豊島区東長崎

ママLimaベビーリトミック教室運営部のマサです。

 

(少し長いと感じた方は👇までスキップ)

 

新型コロナウィルスは中国ITサービスのイノベーションを加速させるか 新型コロナウィルスは、中国の企業活動の変化を促すきっかけとなっています。

 

有名なのは2003年のSARSにおけるアリババです。

 

当時同社社員の1人がSARSに感染し500名以上の社員が強制隔離となったことを契機に、ほとんど全ての従業員が在宅勤務となり、業務上でのオンラインコミュケーションが進化、業務プロセスが大幅に向上しました。

 

今回順風を受けるのは、例えば、平安好医生(PingAn GoodDoctor)やテンセントが出資する微医(WeDoctor)といった医療モバイルアプリです。

 

風邪をひいただけでも大病院に向かう傾向が、感染症患者と他の患者が大勢混在する状況を引き起こし、院内感染の拡大を招いたと言われています。

 

両社は、オンライン遠隔相談を通じて、患者と医師の合理的な需給調整機能を果たし、武漢市内の診察希望者と中国全土の対応可能な医師を結び付け、感染リスクの軽減に貢献しました。

 

SARSやコロナという過酷な環境が、中国企業の成長を促したのです。

 

され、これらのことは教育にも置いても同じことが考えられます。

 

 

ここから👇

 

親は子供に何かやらせようとするより、自然とそれをやろうと思う環境を用意することが重要です。

 

例えば、集団生活を学ばせたいなら、たくさんの友達と一緒の環境を用意してあげる。

 

発想力を学ばせたいなら、人と違うことをすると褒められる集団の中に入れてあげる。

 

教育環境を作ることがまずは大切なのです。

 

リトミック業界も、数年前から簡単にリトミックの資格が取れるようになり、リトミック教室が一気に増えました。

 

親はそんな数ある教室の中から選び抜かないといけません。

 

先生との相性や、アクセスの良さや料金など、様々なことがありますが、

中でも環境が一番大切です。

 

 

同じ時間を過ごすのであれば、子供が集中して取り組むために10組以下のクラスをお勧めします。

 

それ以上になりますと、本格的なリトミックは行えず、歌遊び中心のリトミックにしざる負えないことになります。

 

貴重な幼少期の時間を有効的にするのも全て環境からですね!!

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

文京区春日、豊島区東長崎

ママLimaベビーリトミック教室

http://babyrythmique.com

 

 

 

 

 

ページトップ