言葉の習得は早いに方がいい?

ブログ

こんにちは。

文京区後楽園・春日ママLimaベビーリトミック教室のゆうかです。

 

 

「子供の言葉の習得について」

 

 

子供が言葉を理解していく過程で重要なポイントがあります!

 

1つ目は理解しづらい言葉をオノマトペに言い換えましょう!

1、2歳児はママの語りかけが大切です。 

子供が感覚的に理解しやすいオノマトペ(擬音語、擬態語)を使い語りかけましょう。

 

オノマトペを使うことにより子供は物と言葉を感覚的に結びつけれるようになります。

 

 

2つ目は名前だけではない言葉をプラスすること!

像だとしたら「パオーン」と鳴く、「鼻が長い」「大きい」などのをプラスしてあげると理解力がより深まります。

 

3つ目は絵本などを通して視覚的なインプット!

写真よりはイラストや絵本の方が良いでしょう。イラストや絵本は子供にとっては理解しやすく記憶するのに負担がかかりません。

 

 

 

 

4つ目は言語と視覚的に得た情報を音楽を通してインプットしていくこと。

 

視覚と音楽を通して言語をインプットしていくことにより、聴く耳が育ち脳に刺激を与え、記憶に残ります。

 

また聴く耳を育てる意味でも、音楽でもリトミックの方がより良いでしょう。

 

 

ママLimaベビーリトミック教室では、毎回違う音楽で、主に即興演奏により動いていくので、聴く耳が育ちます❗️

 

 

 

 

言葉の習得がはやいと理解する力がはやくなるので、オノマトペを使って普段からママが話しかけてあげるといいですよね💕

 

オノマトペで言葉を覚えるとその後変換しなければいけないから、かえって言葉の習得が遅くなるのでは?

 

と心配されるママもいるかもしれませんが、子供が成長してから「犬だよ」と言っても「ワンワン=犬」とすぐ理解できるようになるので、大丈夫です👍

 

 

ママLimaベビーリトッミック教室

http://babyrythmique.com

 

 

ページトップ