子供の成長はランダムな動きを通し「違い」に気づくことからはじまります。

Pickup

●子供の成長はランダムな動きを通し「違い」に気づくことからはじまります。

 

こんにちは。

文京区春日、豊島区東長崎

ママLimaベビーリトミック教室の星野です。

 

 

赤ちゃんはランダムな動きによって感覚を捉えていきます。

 

ランダムな動きを通して脳に様々な感覚が送られています。

 

布団の上で腕を動かしたときの感覚であったり、寝ているときに背中に感じる圧力の感覚だったり、筋肉関節骨の動きがもたらす複合的な感覚だったりします。

 

 

 

保護者はこの感覚の違いを感じれるよう働きかけることが大切です。

 

いつも触れているもの、例えばにぎにぎしているおもちゃの素材が違ったり、お母さんの話声の高さが違ったり。

 

子供がその様々な違いに気づくことが新しい神経回路をつないでいく脳の動きとなります。

 

そこからおもちゃをつかむ、ママと言う、歩くといった行動のパタンが作られます。

 

日常生活にこの「違い」を感じれる経験をたくさん行いましょう!

 

 

動きの中に制限をかけずランダムな動きをたくさん取り入れてください。

 

乳児さんの場合は、保護者の話しかける方向を変えたり、表情を変えたり、楽器を鳴らすこと一つでも様々な方向から働きかけてみてください。

 

 

 

 

またあらゆる五感を通しても学習できます。

 

 

たくさんの色を見ることが前頭前野を刺激すると言われておりますが、これも違いを識別することの一つです。

 

同じボールでも、プラスチックや、木製など形は同じだけど素材が違うなど。

 

 

その違いに気づきを得れるよう、日々の生活に取り入れてみてください!

 

ママLimaベビリトミック教室でもこの五感への刺激を促すよう、知育を取り入れております。

色紙を破ったり、いろいろなボールを触ったり。

 

お家では何をやったらいいかわからない場合はまずはお教室へ足を運んでみてください。

 

ーーーーーーーーーーーーーー

文京区春日

ママLimaベビーリトミック教室

http://babyrythmique.com

白山、千石、本郷、大塚、東大前

後楽園、飯田橋、御茶ノ水、神楽坂

椎名町、東長崎、江古田、大山、要町、池袋から

お越しいただいております。

 

 

 

ページトップ