リトミック指導者として大切にしていること

ブログ

ママLimaベビーリトミック教室の星野です。

今日はリトミック指導者として大切にしていること

について書きたいと思います。

リトミックの指導資格をお持ちでも、ピアノが苦手、歌が苦手、動きが苦手と思って人前に出れない方が多くいらっしゃるかと思います。

苦手なことは特別頑張らなくて良いと私は思います。

その道のプロは世に沢山いますから。

 

自分の強みが必ず誰しもあるかと思うので、自分の強みを生かしたリトミックができればどこにもないその人だからできるリトミックになり価値が出てくると思うのです。

苦手意識を持ちレッスンをしていると、

それが子どもたち、お母さんに伝わります。

そんな先生のリトミックは絶対楽しくありません。

ありのままの状態の方が、伝わるのです。

 

ありのままの状態とは何も努力せず、ノープランで良いという意味ではなく、最善の努力をした上で、それを隠すことなくさらけ出す。

たとえそこに自分より上手なピアニスト、歌手がいたとしてもです。

毎日寝不足の中、赤ちゃんのコンディションを整え、大荷物を抱えレッスんに来てくださるお母様方。

 

私自身が子育て中なのですごくよくわかるのですが、一つのイベントに参加するだけで、一苦労なのです。

そんなお母さんの気持ちが無駄にならないよう

環境を整えることが一番大事だと思います。

環境を整えるというのは場所ではなく心の環境です。


先生とも相性があるので、苦手に思うママもいるかもしれません。

でも、こちらから苦手意識を作ってしまってはいけないと思うのです。

どんな人であっても、現実を受け入れる。

 

楽しめてないママ、眠そうなママ、脱走する子どもを追いかけるママ。

レッスンでは見ていないようで、様々な光景が目に入ってきます。

何だからダメ、と思わないで、現状を受け入れる。


実際に大切なことはピアノの技術でも歌の技術でもないのです。

先生の心の状態、考えていることはすべて伝わります。


まずは心の環境を整えましょう!

そして私自身もまだまだできていないので日々精進していけたらと思います。

ページトップ